3歳の言うとき聞かない時期の叱り方/問題児こそ伸びる子!

スポンサーリンク

3歳になってくると言うことを聞かない子が増えてきて、ママを困らせてしまうことも多いですよね。

しかし、言うことを聞かない問題児は伸びる子であり、将来楽しみな子でもあるのです!

そんな子供の『伸びる力』を失ってしまわないような『叱り方』が必要です。

言うことを聞かなくなる3歳の心理と、効果的な叱り方ポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【3歳/子育て】言うことを聞かない時期

 

3歳になる息子が最近言うことを聞いてくれなくて、

毎日怒ってばかり・・

 

このままだとわがままな子になってしまうのではないかと不安・・

 

早くしてほしいのに、

マイペースな子供についイライラしちゃう!

 

怒りたくないのに、ついイライラしてしまうこと多いですよね。

知恵もついてきて、ママと子供のバトルが始まるのも3歳ころではないでしょうか。

 

〈3歳児〉
*言うこと聞かない理由

*叱るときのポイント 

ご紹介していきます!

 

〈自己主張〉自立のチャンス!

3歳の頃は言うこと聞かないし、あれはイヤこれはイヤと親の言うことをなかなか聞いてくれませんよね。

赤ちゃんの頃も大変ですが、活発になってきた3歳は育つ時期でもあるため、「このままいったらワガママな子になってしまう」なんて思ってしまうものです。

 

しかし、子供の行動は本当に『ワガママ』なのでしょうか。

赤ちゃんの頃とは違い、3歳になれば自分の考えも持ち始めますから、主張することも多くなります。

ですから親と子の意見がぶつかり合ってしまうのです。

 

限られた時間の中で効率よく事を進めようとする親に対し、自分でやってみたい!と思うようになってくる子供との対立。

早く準備してほしいのに逃げ回って着替えてくれなかったり、同じ洋服しかきてくれなかったり・・。

 

でもそれがワガママであるのならば、自分の都合に合わせた親の行動もワガママではありませんか?

親も子供もワガママではありません、どちらも自己主張しているだけなのです。

 

ですから子供の主張ばかりを抑えるのではなく、親も妥協しなければいけない部分も出てきます。

お互い様の気持ちです。

 

また自己主張できることはとっても大事なことでもあります。

大人でもこだわりが強く自分の意思がはっきりしている人は、行動力があり、いろんなことにチャレンジします。

そしてこの『自己主張する能力』は後からつけることはできないとも言われています。

 

どんな親も叱ったりするのは、『子供のため』ですよね。

将来わがままな子自分勝手な子になっては大変だと思うから叱ってしまうのです。

しかし、自立してきた証拠であると思ってみると対応が少し変わってくるはずですよ。

 

自己主張は、自分というものをしっかりと見つめ、意思をはっきり伝えることができる素晴らしい能力です。

 

〈反抗〉親のいいなりにはならないぞ!

あれはイヤ、これはイヤ、毎日イヤイヤの連続。

それが3歳児ですよね。

自己主張が始まった頃に迎えるのが『反抗』

 

この反抗は自分で何かしたいという気持ちが強く、好き嫌いがはっきりしているのが特徴でもあります。

・自分の能力を試したい子
・自分のペースがある子
・心に余裕がなく不安を抱えている子

幼いながらに『親のいいなりにはならないぞ』という気持ちを、反抗という形で表現しているのです。

 

反抗を無視して親のいう事を押し付けようとしても、さらに反抗してしまうだけになってしまいます。

心に余裕を持って子供と向き合うことができれば一番ですが、忙しい毎日の中ではそうも言っていられませんよね。

 

ですから、どうやって子供のプライドを傷つけることなく、親の意見を受け入れてもらえるかが重要です。

それはちょっとした言い方の違いで克服することができますよ!

子供は楽しみが待っていると、イヤなこともできてしまうのです。

 

「早く着替えて公園に行こう。」ではなく、
「公園に行きたいね。早く着替えちゃおうか」
「片付けないとおやつ食べられないよ。」ではなく、
「今日のおやつは〇〇だよ!片付けて食べよう!」

子供に期待を持たせ、うまくのせていくことが重要です!

 

では叱るときはどんな対応が効果的なのでしょうか?

叱るときはどんなときなのかを見ていきながら、ご説明していきます。

スポンサーリンク

【3歳/子育て】効果的で上手な叱りかた

叱ったり、怒ったりすることはなるべくしたくないと思ってはいても、子育ての中で『叱らないでいる』ことって難しいですよね。

親としての責任もありますし、周りに相談でいる人がいなかったりするとストレスもたまってしまい、『叱る』という行動になってしまう人も少なくないでしょう。

 

親が叱るときはどんな時が多いのでしょうか。

親が子供を叱る理由

親が子供を叱るときの多くは

『こんな子であってほしい』

『良い子に育てなければいけない』

こんな心理が働いていることが多いです。

 

これはいわゆる親の期待や価値観を子供に当てはめようとしている行為です。

 

また親が子供に使う言葉で最も回数が多いのは『早くしなさい』

私も今までに何回使ってきたか分かりません。

 

何より『早く』を求めているのか。

それは親の生活リズムのペースに合わせるための『早く』でしょう。

 

これも期待や価値観と同じで、親の都合を当てはめてしまっているに過ぎないのです。

こう考えると本当に叱るべきとはどんなときなのでしょうか。

 

3歳までの時期に本当に叱らなければいけないことは意外と少ない

実は3歳までの時期に本当に叱らなければいけないことは、意外と少ないのです。

『周りに迷惑をかけてしまうとき』

『危険がともなうとき』

こんなときは叱らなければいけないでしょ。と思う方も少なくありません。

 

3歳になれば友達と公園で遊んでいて、おもちゃの取り合いになって喧嘩してしまうこともあるでしょう。

しかし、本当に叱るべきことなのでしょうか。

 

『このおもちゃは自分のもの』と主張しているだけであって、決して悪いこととは言えません。

ですから、叱るのではなく対処してあげれば良いのです。

 

友達に『貸して』と言われたおもちゃを絶対に貸さなければいけないなんてことはありません。

誰にも触られたくない大事にしているものは大人にもありますよね。

ですから、子供の主張を理解し受け止め、フォローしてあげることが大事だと思います。

 

また道路に飛び出してしまいそうになったり危険がともなうとき。

これも叱るのではなく、注意すべきことです。

危険を分かっていて行動しているのではないですから、危険であると伝えていく必要があるのです。

 

しかしそれでも叱るときはあります。

私もなるべく叱らないようにと思ってはいても、何度も叱っています。

子供を尊重しながら叱ることができる効果的なポイントをご紹介します。

 

叱るときのポイントは3つ!

叱るときに心がけてほしいことは3つです。

*叱るときの基準を決める
*叱るときは簡潔に
*否定的な言葉は使わない

 

本当は叱りたくないと思うのは、自分自身が疲れてしまうのもありますが、子供のことを思ってのことですよね。

子供を混乱させてしまわないためにも頭に入れておいてほしいです。

3つのポイントを簡単に説明していきたいと思います。

 

叱るときの基準を決める

まずは叱る基準を家族の中で決めておくことです。

例えば、お父さんは怒らなかったのに、お母さんは怒る。

昨日は怒られなかったのに、今日は怒られる。

これでは子供も混乱してしまいます。

 

親の気分次第で怒ってしまったり、混乱させてしまうことは、子供も情緒不安定になってしまいますし、親の顔色をうかがう子供になってしまいます。

 

まずは親同士がどんなことは叱るべきなのか、ルールを作ってみることをオススメします。

そしてそれを、おじいちゃんやおばあちゃんにも伝えておくと良いかもしれません。

おじいちゃんやおばあちゃんは基本甘く、子供たちも怒られることが少なくのびのびしているでしょう。

 

しかし、何でも好き勝手して良いわけではありませよね。

ですから、ここだけはしっかり叱ってほしいと思うことを事前にお願いしておくと良いでしょう。

また普段怒られないからこそ、効果があるのも事実です。

あまり叱らない人が叱るのは

効果的!

 

どうしても一緒にいる時間が長い母親が怒ることが多いでしょう。

ですから、母親の言うことを聞かなくなってしまうことも少なくありません。

しかし普段怒ることが少ない、おじいちゃんやおばあちゃんに怒られると、本当にいけないことなんだと理解してくれます。

 

叱るときは簡潔に

大人でもくどくど言われるのはイヤですが、子供は理屈をあまり理解しておりませんので意味がないのです。

ですから簡潔に伝えるのがベストです。

 

結局何に怒られていたのか分からなくなってしまわないように、何がいけないことなのか、してはいけないことなのかを伝えるようにしていきましょう。

注意したいこと、伝えたいことを

細かく話すのは

怒っているときではなく、

普段の会話の中に盛り込んでいく方がオススメ!

 

否定的な言葉は使わない

『何でできないの』など、子供を否定する言葉は使わないことです。

失敗しときに否定してしまったり、バカにしてしまうことはNG。

 

人は周囲の評価によって性格が作られていくことがあります。

『ラベリング理論』
ダメなやつだと言われ続けることによって、自分はダメな人間なんだと思い込んでしまう

 

子供のために叱っているのにも関わらず、子供の成長を妨げる行為になってしまいますので、否定的な言葉は避けましょう。

ダメ!いけない!など強い言葉は、

子供が萎縮してしまうことも・・

私は「ププププ!」って言ってました(笑)

 

褒めすぎてもいけない

叱ることはしたくないと思っても、褒めすぎにも注意が必要なのです。

『褒めて伸ばす』と言われておりますが、言葉の意味をきちんと理解せず、やたらと子供を褒めてしまう親が多い傾向にあります。

 

褒めるのは、一生懸命頑張ったことであり、努力もしていないことを褒めることではありません。

例え失敗したとしても頑張ったのであれば褒めてあげるべきですし、周りより優れたことができたとしても頑張っていなかったのであれば褒めるべきではないのです。

 

一生懸命に取り組んでないことを大げさに褒めてしまう行為は、人の評価を気にしてしまう子、評価されなければやらない子に育ってしまう可能性もあります。

 

一生懸命頑張ったことは、失敗しても褒めてもらえる、認めてもらえると思ってもらうことが一番重要です。

 

3歳の頃は、自我が芽生えはじめてるので、基本どんな子も手のかかる問題児であるとも言えるでしょう。

しかし、そんな問題児が多発する3歳の時期こそ『伸びるとき』であり、手のかかる子こそ『伸びる子』でもあります。

 

このままずーっと手がかかるのではないかと思ってしまう時期ではありますが、そんなことはありません。

『問題児こそ伸びる理由』をお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

問題児こそ伸びる子!

何でもかんでも自分でやりたがる時期で、お着替えなど大人がやればすぐに終わることも、子供が自分でやりたがって何十分もかかってしまう・・しまいにはボタンが止められずにカンシャクを起こす・・。

「かんべんして〜」と思うことも多いですよね。

 

しかし、自分でやりたいと思う気持ちは『自分ならできる』と自信がついてきた証拠なのです。

 

今まで、たくさんの人に褒められて成長してきた証であり、決してパパとママに迷惑をかけようと思っているのではなく、『自分でできるから大丈夫だよ』と何事も挑戦しているのです。

 

この『自分ならできる』と言う自信は素晴らしいものであり、将来必ず生かされていきます。

子供の頃の挑戦は、大人から見たらたいしたことではありません。

でもその小さなチャレンジが成功をとなって、小さな自信となります。

そしてその小さな自信は、やがて大きな自信につながっていくことでしょう。

 

たとえ失敗したとしても経験はとても大事です。

『失敗は成功のもと』

好奇心を持っていろんなことにチャレンジしていくことで、失敗も成功も経験していくことができます。

 

手のかかる子は、何に対しても興味を抱いているのです。

ですからそれだけ『伸びる力』があると言うことです。

決して、子供の好奇心、挑戦を邪魔するのではなく、広い心で見守ってあげてほしいと思います。

 

最後は、『言うことを聞いてくれずに疲れてしまったママ』にお伝えしたいことをお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

【まとめ】今の妥協が今後の育児をラクにする

言うことを聞かないのは、わがままではなく、自己主張ができるようになった成長の証であり、それが反抗となって出てきてしまうのです。

 

本当に叱らなければいけないことは、まだ少ない3歳の時期ですが、それでも叱るときは必ずあるでしょう。

叱ることが悪いとは言いません。

しかし子供のためを思って叱るのならば、

・叱るときの基準を決める
・叱るときは簡潔に
・否定的な言葉は使わない

この3つのポイントを大事にしてくださいね。

 

大人の言うことに従うことが良いことで、言うことが聞けない子は問題児なんてことはありません。

自己主張し、言うことを聞かなくなるのは、自立し始めているのです。

 

やりたいけどうまくできないこの時期は、どうしてもイライラしてしまうことも多いですが、頑張ってチャレンジしていることは必ずできるようになっていきます。

 

ずーっとお着替えや歯磨きを手伝うよりも、自分でやれるようになってくれた方がラクではありませんか?

ですから、今は心にゆとりを持って『頑張れ!』と応援してあげてほしいと思います。

 

期待せず、全てが子供の成長の証であると思うことができれば、イライラしてしまうことも微笑ましく思えるはずです。

 

少しでもお役にたてればと思います。

子育てに疲れた赤ちゃん.2歳.3歳ママへ/大切にしてほしいこと7選
子供を育てることは責任がありますから悩みますし疲れてしまいます。子育てで本当に大切なのは育児書どおりにすることではなく、あなたにしかできない子育て法を見つけていくことです。世界にひとつしかない家族を作り上げるために大切なこと7選をご紹介していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました